Roof 屋根塗装について

Roof屋根塗装

屋根塗装とは

屋根塗装とは

屋根は日光による紫外線や雨、風などによる過酷な環境に常にさらされています。そのため屋根の塗装は、とても重要になります。
塗装がしっかりしていないと、屋根の劣化が進み、雨漏りなど家屋の不具合に繋がるほか、塗装サイクルが早まり非常にコストが掛かります。
瀧口塗装では自社で足場を組むことができるので、一般敵な塗装業者よりも比較的低コストで屋根塗装をご提供いたします。

屋根塗装の手順

  1. Step.01 足場の設置
    Step.01

    足場の設置

    足場を組み上げ、塗料の飛散を防止するための養生や、メッシュシートなどを設置します。
    安全で確実に作業するために、また足場崩壊による事故を起こさないためにも、足場の設置はとても重要な作業です。
    足場の設置を外注している塗装業者が多いですが、瀧口塗装には足場職人が在籍し、安全かつ低コストで足場の設置が行えます。
    足場の設置には大きな音が出ることもあるため、ご近所様へ施工時に挨拶に伺います。

  2. Step.02 屋根の洗浄
    Step.02

    屋根の洗浄

    高圧洗浄機を使って洗浄をします。
    塗装前に汚れやホコリ、カビ、コケ、藻、チョーキング(触ると手に付着する粉状のもの)、剥がれかけた塗膜などを洗い落とします。カビやコケが発生している場合、水だけの洗浄では再び増殖してしまう可能性があるため、薬剤を使用した「バイオ洗浄」が必要なケースもあります。

  3. Step.03 下塗り
    Step.03

    下塗り

    はじめに下地強化材で「下塗り」を行います。
    次の工程で行う中塗り・上塗り塗料がしっかり屋根に定着するように必要な工程です。下塗りに使う塗料の種類は、屋根の材質に合わせたものを使用します。また、金属部分などに対して錆止めとなる効果も持っています。

  4. Step.04 中塗り・上塗り
    Step.04

    中塗り・上塗り

    中塗りと上塗りは同じ塗料を重ねて行います。
    塗料はムラなく、均一に塗るために、重ね塗りするのが基本です。
    中塗りをせず、はじめから上塗りをしようとすると必ずムラができます。
    しっかりと乾いてから重ね塗りする必要があるので、時間をかけて行います。
    屋根塗装には、屋根材以外にも塗装を行うことがあるので、細かい部分の塗装が多い場合には、その分時間がかかります。
    木部など特に傷みやすい箇所は、4〜5回にわけて塗るが場合があります。

  5. Step.05 点検と手直し
    Step.05

    点検と手直し

    塗り残しや塗りムラを点検し、お客様の確認のうえ、必要に応じて手直しを行います。

  6. Step.06 片づけと足場の解体・撤去
    Step.06

    片づけと足場の解体・撤去

    足場や養生の解体・撤去、塗装の際に出た廃棄物の片づけ・清掃を行います。
    お客様に最終確認を行っていただき、すべての作業が完了です。

屋根塗装のプランはこちら!