Hybrid 無機・有機ハイブリッド塗料

Hybrid無機・有機ハイブリッド塗料

無機・有機ハイブリッド塗料をご紹介。

特長

  1. フッ素樹脂塗料を超える高耐候性
    Point.01

    フッ素樹脂塗料を超える高耐候性

    ラジカル制御技術にセラミックハイブリッド技術を融合することで、フッ素樹脂塗料を超える高耐候性を実現した塗料です。
    無機塗料は紫外線に強く、高い光沢と不燃性が特長ですがその反面、塗膜の柔軟性を発揮しにくいという性質がありました。
    そこで無機の固い部分と有機の柔軟部分をハイブリッド化することで「微弾性」の性能が発揮されます。
    紫外線に強いため、チョーキング(手に白い粉つく現象)がしにくいことも特徴です。

  2. 美しいつや
    Point.02

    美しいつや

    専用中塗りとの組み合わせによる高いレベリング性(刷毛の跡やローラーの跡の残りやすさ)で乾燥が進むにつれ、凸凹が少なくなり、美しいつやを発揮します。
    また高い隠ぺい性能や付着性を持ち、塗り替え時にも美しく塗装できます。

  3. 超低汚染性
    Point.03

    超低汚染性

    塗膜は親水性機能(水に馴染みやすくなり排ガスなどの親油性の汚れを弾く)によって、建物外観に付着した汚れを洗い流し、美観を維持することが可能です。
    雨で汚れを浮かして洗い流すため、雨筋になりにくいことも特徴です。

  4. 難燃性
    Point.04

    難燃性

    無機の特性を活かし、燃焼実験において優れた難燃性を有しています。
    火災に対して強い効果を発揮するため、万が一の火事や近隣火災の類焼を減らすことが期待できます。

  5. 防藻・防かび機能
    Point.05

    防藻・防かび機能

    静電気を抑えホコリが付きにくく、藻・かびの発生を抑制し、建物の美観と清潔な環境をまもります。
    防かび機能も併せ持っています。
    このことから洗浄などのメンテナスコストと手間の削減に繋がります。

代表のコメント

ハイブリッド塗料は一言でいうと「有機塗料と無機塗料の長所を合わせもつ優れた塗料」です。非常に高性能ですが、熟練の職人でなければ扱いが難しいといった側面も持ち合わせています。

瀧口 剛