Fluorine 2液弱溶剤フッ素塗料

Fluorine2液弱溶剤フッ素塗料

2液弱溶剤フッ素塗料をご紹介。

特長

  1. 安全性
    Point.01

    安全性

    塩素を含まない、弱溶剤4フッ化フッ素樹脂塗料です。
    また、フッ素の性質として、不燃性や耐薬品性にも優れています。
    耐薬品性は酸性雨にも強い効果を発揮します。

  2. 高耐候性
    Point.02

    高耐候性

    3フッ化フッ素樹脂塗料に比べて、表面張力が低く、強い結合力にもとづく非常に耐候性に優れています。
    長期間劣化しないことで建物のライフサイクルコスト低減につながります。

  3. 耐汚染性・透湿性
    Point.03

    耐汚染性・透湿性

    空気中のホコリや排ガスが塗膜に付着しても、高い親水性(水に濡れやすく密着しやすい性質)により、フッ素塗料の表面は雨で自然に汚れを落とします。
    これにより長期にわたり美観を維持します。

  4. 対応力・多様性
    Point.04

    対応力・多様性

    アルミや鉄、ステンレスなどの金属やコンクリート、硬質塩化ビニール、FRPなど下地を選ばずに塗装でき、改修に最適な特長を持ちます。
    そのため、戸建住宅や工場のほか、学校・病院・福祉関係、商業ビルなど各種外壁に幅広く適用できます。

  5. 防藻性・防かび性
    Point.05

    防藻性・防かび性

    バイオ技術により、藻・かびの発生を防ぎます。
    藻・かびの発生を防ぐことで外壁を清潔に保つことができ、洗浄などのメンテナスのコストや手間を軽減できます。

代表のコメント

フッ素塗料は一言でいうと「高価だが高耐久」な塗料です。価格が高くなるというデメリットはありますが、信頼性があり、長期的に見ると手間を抑えることができます。

瀧口 剛